So-net無料ブログ作成

西中匠吾(画像有り)が白石隆浩の男性被害者か?鬱病の薬を服用、実はカップルではなかった! [事件]



このページは新しいサイトに移転しました。新しいサイトへ自動的にジャンプします。


座間市のアパートから9遺体が見つかった事件で、白石隆浩容疑者が殺害した唯一の男性被害者が西中匠吾さん(20)ではないか?と推測されている。
行方不明になった日時や週刊新潮で明かされたバンドマン兼介護職に就いているなどの情報と合致している部分が多く、ほぼ特定されたと思われる。
若くしてこの残虐な事件に巻き込まれてしまった西中さんについて調べてみました。


【スポンサードリンク】






西中匠吾(画像有り)が白石隆浩の男性被害者か?


11月16日号の週刊新潮では行方不明者の顔写真が掲載された。
IMG_20171109_141757.jpg
そして、Twitter上で同じポスターがあがっていた。
無題.png
今回の事件では第二の被害者となってしまった男性として、横須賀市の介護士兼バンドマンの西中さんが浮上。
・8月29日から行方不明
・最後に携帯GPSが特定された場所は海老名

西中匠吾さんの情報
居住地 : 神奈川県横須賀市
年齢  : 20歳
職業  : 介護士
所属バンド : 「BYE BYE NEGATIVES」ベーシスト
高校  : 横須賀明光高校を卒業
      (本人のFacebookより)

報道によると、白石容疑者は自殺サイトで男女のカップルと知り合い、一度3人で飲んだことがあるという。
後日女性と一緒に不動産屋にアパートの契約に行き、ロフト付きの部屋を契約。
必要な頭金50万円を女性に振り込ませたとされている。

最初に女性を殺害、女性の行方を男性(西中さん)から尋ねられたため、
警察に捕まることを危惧した白石容疑者が「部屋で飲まないか。」と誘い出し、
殺害したと供述している。

西中さんは8月26日、大阪でライブに出演しており、その後もライブの予定が入っていたという。
自殺するような状況ではないため、やはり被害者となってしまったのか・・・


【スポンサードリンク】






鬱病の薬を服用、実はカップルではなかった!


被害者男性は交際中の彼女の行方を探していて白石容疑を訪ねて殺害された、とされていた。
しかし、週刊新潮の取材で2人はカップルではなかったことが判明。

「彼は、2、3年付き合っていた恋人と6月に別れた。
 そのショックで、医者からは鬱病と診断され、向精神薬も処方されていた。
 そのうち、自殺志願者とツイッターで交流するようになった。
 失踪する8月29日の数日前には”何人かと自殺を2回図った”と口にしていた。
 彼が探しに行った女性とは、本当のところは自殺志願者の集まりで知り合っただけ
 ではないでしょうか。」≪バンド仲間≫
 引用元:週刊新潮


今までの報道では、交際相手の女性を探しに行った男性が被害に遭ったとされていて、
では何故被害者女性は不動産契約金の50万円を彼氏でもない白石容疑者に払ったのか?と
疑問でしたが、これで腑に落ちました。
元々カップルではなく、自殺志願者同士の仲間だったようです。

高校卒業後、介護士という真面目な仕事に就き、自分の趣味であるバンド活動も精力的にしていた西中さん。
20歳前後での失恋はショックは大きかったかもしれませんが、自殺願望を持ったことでこのような残虐な事件に巻き込まれてしまい本当に残念です。


【この事件の関連記事】
●座間市 白石隆浩(画像あり)逮捕!自殺サイト利用で9人殺害か?サイコパス事件の真相は?
●白石隆浩【画像あり】供述内容がエグい!8月22日に焦って遺体と引っ越してきた?父親も関与か?
●白石隆浩 動機は「乱暴と金銭目的」座間市出身、学生時代の様子が明らかに!裏の顔も持つ?
●白石隆浩 最新画像がヤバイ?正社員時代の副業は男性の添い寝!歪んだ性的嗜好!?
●白石隆浩 「首吊り士」ツイッターアカウント特定!「誰かを殺せば死ねるだろう」に戦慄が走る!
●白石隆浩 高校時代から自殺サイト利用!薬、練炭経験済み!「ロフトで首吊れる」が常套句だった!
●白石隆浩「死刑だろ」と軽くツイート!8月中旬から犯行を計画か?遺体解体方法はネットで検索


【スポンサードリンク】






コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。