So-net無料ブログ作成
検索選択

【衝撃】奈良県75歳医師 倒れた妻をトイレに4日放置、死なせて逮捕!開業医師夫婦に何が? [事件]

11日奈良県の医師、三浦尚(たかし)容疑者(75)が保護責任者遺棄容疑で逮捕された。
8日妻の淳子さん(72)が自宅トイレで倒れたが、様子を見るとして特に何もせず放置、11日に死亡が確認された。淳子さんも医師で自宅近くで皮膚科を開業しており、尚容疑者も一緒に働いていた。
医師として妻にしてあげられることが無かったのか?
何故見過してしまったのか?


スポンサーリンク






体調不良が続いていた淳子さんトイレで倒れる


警察の調べによると淳子さんは8月中旬から目まいなどの体調不良を訴え
一時入院しており、皮膚科を休業していた。
そんな中今月8日頃、自宅マンション1階のトイレで淳子さんが倒れてしまった。
便器と引き戸の間に倒れて動けなくなった妻の淳子さんをそのままの状態で夫尚さんは放置し続けた。

よく平気で同じ家の中で暮らせたものである。

尚容疑者は警察の調べに対して
「倒れた妻を動かそうとしたが重くて動かせず様子を見ているしかなかった。
遺棄したつもりはない」

と供述、容疑を否認している。

皮膚科とは言え、医師である夫が倒れて動けなくなった妻を病院に運ぼうとは思わなかったのでしょうか。普通に考えて、倒れていなくても4日間トイレで放置されたら健康を害することは誰にでも想像できることですよね?!

11日の朝に尚容疑者が九州に住む娘に電話して状況を伝え、娘に促されたため110番通報したとのことで、何故倒れた当日ではなく、4日後に連絡をしたのかも不可解ですよね。


スポンサーリンク






夫婦間のトラブルか?長年の恨みか?


三浦淳子さんは自宅から5キロほど離れた場所で皮膚科を開業していた。
近鉄奈良線の「学園前」駅から徒歩3分にある「学園前皮膚科医院」



その院長を務めていたのが淳子さんだった。
尚さんが75歳、淳子さんが72歳で同じ皮膚科医であれば、通常は夫が院長を務めるような気がする。

また、8月中旬に淳子さんが体調不良で休業したとあるが、淳子さんが休んで、代わりに尚容疑者が皮膚科医院で診療することは出来なかったのだろうか。

これは推測だが、妻の元で働いてきた夫の長年の鬱憤が溜まっていてトイレで倒れた妻に対して
救急車を呼ぶ、救命措置をとるという行動をとらなかったのではないだろうか。
考えただけでも背筋が凍りそうなほど恐ろしいけれども・・・

容疑を否認している尚容疑者の供述に注目したい。


【関連記事】
宇都宮障害者施設「ビ・ブライト」で暴行事件!傷害容疑で職員逮捕へ!誰が?何でやったの? 

スポンサーリンク







コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。